TOP  BEAT
ホンダビート ECU熱対策?
 
ビートのECUは高熱にさらされているとか。
確認したことはないのだが、走行後には素手で持てないほどになるのだとか。
熱によってコンデンサーがパンクする事例をよく聞いています。
当方のは、走行距離24.000キロ(2005.6現在)なので、大丈夫そうである。
「転ばぬ先の杖」とくことで、熱対策!を施すことに。
教えてもらった方法で、エキゾースなどに直接巻くサーモテックバンテージを利用することに。もちろんエキゾーストに使用した時の余り品である。
その上にECUをのせる。
廃材利用するのは当然!てことで、ECUの外側は壊れたオーディオの天板を利用することに。
見た目が涼しそうというのが一番。
裏側には発泡スチロールを・・。
う〜ん、大丈夫かな。
長めのネジを利用して取り付ける。
本来は助手席シート下に移設したいのだが、コネクターの配線延長は根気が必要でしたくないぃ。市販品の高価なのは致し方ないところか。
2005.10.9 追加・・延長コード取りつけ
思案に思案を重ねた上で
ECU延長コードを購入。

12000円送料込みは
高いのか安いのかと言えば、
ワタクシにとっては高価。
でも買ってしまった。
これが延長コード。
カプラーのみは
普通の人間だと
入手不可能とか。
取りあえず、カプラー部分にも
熱対策しときましょ。

写真には写っていないが、
延長コードをまとめるのに
専用ビニールテープで
グルグル巻きにした。
ECUボックスにベルクロで
簡単装着。

そのうち、ステーの製作を
考えることにしよう。

これで、完全に熱対策はOK。
あとは水没に
気をつけることとする。
TOP  BEAT
L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[