とっぷ ★ 記録インデックス ★ CBRへ戻る 

CBR1000RRのガソリンタンク交換 (購入先失敗談)
★★★★★★★★
ガソリンタンクの点検を怠った。CBRを求めた時に、GSタンクを見なかった。いつもなら見せてもらうのに、どういうわけか見なかった。これが交換する羽目につながった。
中古車を購入する場合、店を十分に考えないと痛い目に遭う・・・というのが身にしみて分かった。タンクが少々錆びてたからといって、動かないものではない。しかし、サビを見たからには、放ってはおけない。これが食料品などでなくてよかった。中身が腐っていたとしたら、たまったものではない。
どうしょうもない・・・という程のサビではなかったが、精神的には辛いものがある。気持ち良く乗るためには、タンクのサビは無いほうが良い。

先ずはタンクを取り外してサビを取った。これ以上無理・・って状態が写真である。
研磨できるものを使ってタンクのサビを取った状態の写真。
ガンバッタ・・・わりにはサビが取り切れていない。やはり薬品を使うべきなのだが、「はなさかじじい」などのサビ処理剤は意外と高価だ。最近は安価なものも出回っているようだが、その効果は不明。
中古タンクを探す方が安くあがることが分かった。
タンク交換作業
ガソリンポンプを下から外す。
もうすぐ外れるの写真。
なるほど!ここを外せば取れそうだ。
ガソリンパイプはそのままにしておこう。
ガソリンポンプを抜き取る。
ゴムのパッキンを取り外す。
と、なにやら粉状のモノが・・・
ガソリンのなれの果てだ。
ポロポロと粉が出る出る、落ちる落ちる。
う〜んどうしましょ。。。
しばらくこの状態で放置。
んで、新たに求めた中古タンクである。
定価は\49800-、
中古だと現状約\3000-ほど。
下の写真はタンク内部。サビもなくキレイな状態だ。
ジャーン!!
新たに求めた中古のガソリンポンプ
やはり\3000程。
定価は\30200-

でも、動くかどうかは未だ分からない・・・。

とっぷ ★ 記録インデックス ★ CBRへ戻る


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー